本当にできる?個人リフォームのすすめ

壁に腰壁を付けよう

近隣迷惑に気を付ける

業者に頼まないからといって、作業をする上で生まれる騒音や異臭など、近隣の方の迷惑になることは間違いありません。
作業時は事前に声掛けをする配慮を忘れずに。
なにも知らされないうちに作業が始まると、とてもびっくりします。

木材などの大型の材料をトラックで運ぶこともあるでしょう。
そんなときは車両の出し入れに注意し、駐車スペースを確保するなど、道をふさがないように気を付けましょう。

自分の家のことを自分でやってなにが悪い!と思うひともいるかもしれませんが、周りの方の協力や理解があってこそであること、共存していることを忘れないことです。

また、早くリフォームを済ませたいと焦らないこと。
慎重にゆっくり熟考しながらすすめましょう。
例えば、ホームセンターなどでの木材探しの際は、一度に全部購入するのではなく、目を付けた素材の寸法を測ってメモして一旦家に戻りましょう。
再検討して、この木材で良いかを考えるのです。

DIYにハマる訳

DIYの直訳は「自分で何とかする」です。
その意味からは、ちょっと突き放しているように感じます。
でもそれだけではなく、積極的になにかやりがいを求めて、自分でいろいろなことをやってみよう!という前向きな意味も含まれています。
日本では、DIYとは主に日曜大工を意味することが多いようですが、最近のDIYは日曜大工に域を出て、もっと気軽に楽しむ要素がたくさん盛り込まれてきています。

DIYの良いところは、自分が考えるデザインで、自分好みに物を作ることができることです。
慣れてくるとこだわりも生まれ、自分好みの色合いを追求したり、使いやすい機能をプラスすることもでき、面白みが膨らみます。

今はDIYの需要に合わせて、非常に様々なサイトや本も沢山出ています。
そういったものは大いに参考にしながら、あなたもDIYの世界に足を踏み入れてみませんか。



ページ
先頭へ